教習所 ローン

未成年者の場合

銀行や消費者金融、信販会社などでは積極的にお得なローンサービスを提供しており、中には金利がかなり低く学生や未成年でも利用できるように設定されているサービスもありますが、自分名義で借りる場合に安定した収入が無い場合に借りることができる金額はせいぜい高くても10万円程度です。

 

教習所に通ってお金を借りる場合は費用が30万円以上かかることから、自分名義で借りたお金だけでは教習所にかかる費用を賄うことはできないので、最初から教習所ローンを利用してお金を借りる方が賢明です。

 

また、教習所ローンは学生の利用も想定しており、当然ながら高校の卒業を控えた18歳の未成年が通うことも多いので、条件を付けて未成年でも教習所ローンを利用できるようにしているところが多く、これは合宿免許で運転免許を取得する場合についても同様のことが言えます。

 

ただし、気をつけないといけないのは18歳より下回る年齢の場合は自分名義でお金を借りることができないという点で、中型バイクなどは16歳からでも教習所に通って取得することができますが、お金を用意する場合は親に借りるか親の名義で組んでもらうなどの必要が出ます。

 

一方で、18歳を超えてくると親の承諾があればローンの申し込みをすることは可能になっていますが、安定した収入が無くても親か知人などが保証人になってくれる場合は教習所ローンを利用することが可能です。

 

ただし、自動車教習所内では講習やテストなどが行なわれており、卒業までに何もなく無事に進めば追加料金は不要ですが、テストに合格しない場合や補習が必要になった場合は追加料金が必要となり、テストに合格しないだけで補習料金と併せて1万円近く必要になる場合があります。

 

これらの費用はローンで組んでいるお金とは別の追加料金になるため、自分で工面してどうにか支払う必要性がありますが、未成年だとアルバイトなども限られると思うのでかなりの負担増しになってしまう可能性があります。

 

最近は自動車教習所に申し込みをする段階で追加料金が発生しても支払いが不要なセットプランなどが用意されているので、自信がない場合はあらかじめプランをセットさせておくことで後の追加料金の負担を無くすことができます。

 

ただし、それだけ借り入れている元本が多くなるということでもあるので利用をする場合は返済までのことをしっかりと考えてどれくらいの負担増しになるかというのを調べるようにしましょう。