教習所 ローン

費用を抑える

自動車教習所に通って運転免許の取得をする場合は学科と実技のカリキュラムが用意されており、これらをクリアしないと運転免許センターでの学科試験を受けることはできないとされていますが、実技試験については自動車教習所が行なう卒業検定を持って試験を受ける必要はなくなります。

 

運転免許を取得するまでにはかなりの時間がかかることが想定され、早くても2カ月以上は時間が必要であると言われていますが、これは学科や実技の講習を受けるのに予約制であることや時間割制であることが関連しており、例え仕事や学校に行ってない自由な人であっても講習プログラムの都合上、2カ月はかかります。

 

また、そこで試験に落ちてしまうと再び補修を受けて試験の受け直しになるため、さらに必要とする費用は多くなってしまい、せっかく教習所ローンを利用して学科や実技の講習を受けているのに別途で支払わないといけないお金が増えてしまうこともあります。

 

運転免許の取得を目指している人の中には免許を取得した後に新しい車やバイクの購入を検討しているという人もいるかもしれませんが、そう考えるとできるだけ教習所にかかるお金は抑えたいものです。

 

そこでおすすめするのが合宿免許で運転免許を取得するという方法で、これは合宿形式となっているため、朝から晩まで運転免許取得に向けた学科や実技の学習が必要となりますが、期間が短く一気に集中して取得することができるので車の免許であってもかかる期間は2週間から1カ月前後になっています。

 

合宿免許を利用する場合は自動車教習所に通って免許を取得する場合に比べると10万円前後安くなっているのも魅力で、学生だと長期休暇を利用して合宿免許で免許取得を目指すことも可能になりますが、教習所ローンのようにローンを組んで合宿利用をすることも可能です。

 

また、支払いが必要な総額というのも異なっており合宿免許の方が安いことから教習所ローンを組んで返済するよりも長期の経済的負担は少ないというメリットがあり、合宿ということから旅行気分で免許取得を目指すことができるのも魅力の一つとなっています。

 

ただし、長期休暇のシーズンになると合宿免許は予約でいっぱいになりやすく入校できないケースがあるのと、知り合いで合宿を受ける人が多いので単独申し込みをする場合は合宿に慣れるまでに時間がかかるなどのデメリットもあるのでその点には注意をして利用を検討するようにしましょう。