教習所 ローン

借りれる?

教習所に通うためには車の免許取得だと30万円を超えるような金額が必要になるので、一気に支払うということが難しいという人もいるかと思いますが、その場合は教習所ローンを利用して分割払いにすることによって高額な費用でも通うことが可能な場合もあります。

 

問題は誰でも教習所ローンを利用することができるかどうかということですが、基本的に教習所ローンであっても借金であることには違いないため、ローンを利用するためには審査を受けて返済ができるかどうかということの判断を受けて、そこで借り入れが許可されるとお金を借りることができます。

 

通常のローンと同じく安定した収入が必要となりますが、買い物や子供の送り迎えなどで車が必要になりやすい専業主婦の場合だと収入が無いので、教習所ローンを利用して教習所に通うことが可能かどうかというのが気になると思います。

 

配偶者に安定した収入がある場合は利用することができますが、配偶者がいない場合は保証人を立てることによってお金の借り入れができる場合もあるので、専業主婦でも利用することができる金融機関を探して問い合わせて見るとよいでしょう。

 

また、利用を検討している自動車教習所で相談をするというのも方法の一つで、大抵の教習所は金融機関と連携しており簡単な手続きを行うことによってローンの申し込みができるようにしています。

 

もし、自動車教習所でお金を借りることができない場合は銀行や消費者金融でカードローンやフリーローンの申し込みをするというのも方法としてあり、ここで借りたお金を教習所の費用に使用することで通うことも可能です。

 

ただし、この場合は金利が通常よりもかなり高くなることが想定されるため、特に返済が短期間ではなく長期での返済を設定している場合は総支払額がかなり増大してしまう可能性があるので注意が必要です。

 

では、学生の場合はローンを利用できるのか?といった点なんですが、基本的に教習所ローンは学生の利用も想定しているため利用の条件には該当しています。

 

ただし、全く無条件で利用することができるというわけではなく保証人を立てないと学生が教習所ローンを利用することは難しいケースがほとんどですが、保証人になるのは親でも知人でも可能で、その人に安定した収入があるということは前提になります。

 

また、学生の場合はまとまった時間があるという理由から合宿免許を利用して運転免許を取得する人も多くいますが、合宿免許だと車の免許を取得する費用も20万円前後となるため、通所の取得に比べるとかなり費用的な負担は軽減されます。

 

学生だと学生専用のキャッシングサービスなどを利用することができるので、これを利用してお金を工面して教習場にかかる費用を立て替えるというのも方法としてあります。

 

いずれにしてもお金を借りるということはどんなお金であっても完済する義務があるということを肝に銘じて負担の少ない範囲でコツコツ返済することが大切です。