教習所 ローン

過去にたくさん借金をしたことがある人が新規でローンの申し込みをするのは難しいという話しを聞いたことがある人は多いと思いますが、どれだけ借金をしてきた過去があってもきちんと返済をしてきた人であれば、むしろ借金をしたことが無い人よりも信頼される場合があります。

 

借金をした過去がある人の中で新規の借り入れが難しいのはトラブルを起こしたことがある人で、特に遅延や未完済などのトラブルを起こしている人は新しくお金の借り入れをするのが極端に難しくなってしまうため注意する必要があります。

 

これは自動車教習所に通うために利用されることの多い教習所ローンについても同じことがいえますが、教習所でお金を借りる場合は教習所から直接的にお金を借りるのではなく連携している金融機関から借りるのが一般的となっています。

 

金融機関は審査を行う際に信用情報機関で登録されている情報が審査の材料となりますが、ここにその人が過去にどのような金融取引をしてきたかという情報が記されているため、審査に影響してしまうということに繋がります。

 

いわゆるブラックリストというところに名前が入るわけですが、学生が教習所ローンを利用する際は親の承諾書が必要になり、自動的に親が保証人という立場になりますが、親がブラックリストに入っているとローンを利用することができないという点にも注意する必要があります。

 

一般的にブラックリストに名前が入っても数年経過すると名前が除名されると言われていますが、大きなローンなどは生涯を通して利用することができないこともあるので、その信憑性については微妙な部分もあり、ローンの審査は秘匿性が強いことからも微妙です。

 

ちなみにブラックリストへ名前が入るケースとして遅延や返済滞りをはじめ、他にも任意整理や特定調停、自己破産などの債務整理をした場合もブラックリストに名前が入るケースがあります。

 

教習所ローンが利用できない人は新しい車を購入するためのマイカーローンや他のローンサービスも利用できない場合がほとんどですが、ディーラーそのものが立て替えてくれるような場合はブラックリストであってもローンを組むことができる場合もあります。

 

いずれにしても車を維持することになると将来的に金銭的な負担はかなり大きくなることが想定されるので、車の運転免許を取得する前に費用的な問題や必要性などをしっかりと考えてから運転免許の取得を検討するようにしましょう。